最近観たスカステ番組

子供を寝かしつけたあと、スカステで録り溜めた番組を見るのがルーティンとなっています。
30分くらいですが、美しいものを見ることは心の浄化になっています。

最近観たスカステの番組をメモメモ。。。

ルーセル輪舞曲('17年月組・珠城りょう主演)

モン・パリ誕生90周年を記念したレビュー。
たまきち(珠城りょう)の大劇場トップお披露目公演で、全体を通してキラッキラしていてとても好きなショーです。


オープニングのカルーセル輪舞曲の曲「まわーるー、まわーるー、カルーセルーーー」で、組子達の笑顔がたまきちのトップを心から祝福している感じが伝わってきて、見ててほっこりする。

ちゃぴ(愛希れいか)のJAZZYなだるま姿の場面も最高。
顔がちっさくて、手と足が長くて、おまけにチャーミングでダンスが並外れてるから、ほんっと注目しちゃう。
相手役がまさお時代に比べて、学年1個上で打ち解けているたまきちの相手になって弾けた感じが物凄くちゃぴらしさを引き出した気がする。

全体を通してやっぱりみやちゃん(美弥るりか)がセクシーで最高に好き。
あんな色気ダダ漏れなジェンヌってなかなかいない。

ロバート・キャパ魂の記録('14年宙組凰稀かなめ)

私の宝塚初観劇のトップが凰稀かなめさんだったのを思い出しますねー

ロバート・キャパは恵比寿の写真美術館の外壁の大パネルの写真で知っていた写真家だったけど、ハンガリー生まれのユダヤ人だったことや、写真を売る戦略でロバートキャパという人物を作り上げたこと、独立してビジネスを一緒に立ち上げたタローと恋仲になるものの事故で亡くし、自分も仕事中に40歳に亡くなる、という人生。ドラマティック過ぎて、小説を読んでるみたいでした。

リカさん(凰稀かなめさん)はお顔立ちが外国っぽいので見た目に違和感が無いんだけど、結構声が高めで見た目とのギャップが気になったかな。
足が細長すぎて、そこばっかり注目して見ちゃう笑

みりおん(実咲凜音)は衣装がとにかく可愛い!
衣装にシャネルっぽい感じが出てて、とても良かった。

戦場で写真を撮っていダンスシーンがあるんだけど、シャッターを押すところをアクセントに入れていたり、他の写真家と撮り方がどう違うかを表現する演出がとても印象に残りました。

アーサー王伝説('16年月組・珠城りょう)

たまきちの退団月ということもあってスカステもたまきち祭り。
こちらはトップお披露目公演ですね。
アーサー王伝説ってエクスカリバーを抜いたんだよね?くらいしか知らず、王道のストーリーなのかと思いきや、アーサー王の妻役のちゃぴが、、、あーさ(朝美絢)ランスロットと浮気して、ラストは離れ離れになる話で、お披露目公演なのにハッピーエンドじゃないことに驚きました!!
こういう始まりもあるんですねぇ。。。また一つ勉強になりました。
1789と同じ脚本家のフレンチの作品なので、素敵な劇中歌が多くて楽しめました。

大好きなみやちゃんは悪女の役でした。2番手ではこういう役が多かったですねー

STUDIO 54('10年月組霧矢大夢)

Studio54は80年代に実際にニューヨークにあったディスコなんだそうです。劇中にも出てきていたけど、ものすごいセレブが通っていたそうです。
きりやん(霧矢大夢)が大衆紙ホットウィークでスキャンダルを追いかけるパパラッチ。きりやんは本当に歌も演技も何もかも安定していて、見ていて安心できる男役さん。

ターゲットの女優のジゼル役に蒼乃夕妃さん。大人っぽい魅力が生かされていました。

ホットウィーク編集長のルーシー役の憧花ゆりのさんが凄かった・・・すみれコードギリギリな感じで超楽しい笑。コーラよりもペプシが好きな設定はそんなに大事だったのかな・・・?齋藤吉正先生のこだわりなの・・・?

他にもロックスター役のD-BOYのみりお(明日海りお)が大活躍してるし、若き日の咲妃みゆちゃんが超かわいいので必見。

このミュージカル、Studio54のナンバーがとても良い振り付けでした。踊りたくなるーーー!

睡れる月('05雪組朝海ひかる)

室町幕府後南朝史、、、という全くもって馴染みのない時代でしたが、分かりやすく退屈しない公演でした。

主演のコムちゃん(朝海ひかる)は浜松中納言役。
貴城けい演ずる義兄が将軍家を倒したことにより様々な騒動に巻き込まれ、愛していた大君(舞風りら)を亡くしてしまい、そして切ない最後でした。

男色家の一樹千尋さん演じる将軍がコムちゃんのことを「掌中の玉」と言っていましたが、コムちゃんは光源氏のように美しいお役でピッタリでした。発声も良かった。

ダンスナンバーでは主に猿楽を舞うのですが、時代を反映している衣装が珍しくて美しかったです。

福岡公演を見たのですが、コムちゃんの最後の挨拶が最高にツボった。
「本日はふくおっふくっhh」→咳払い→「福岡公演〜」って何事もなかったように言い直したあと、さらにその後に、「たくさんのお客様にみまもめみまみま・・・」とわざとかみつづけ、少し間を置いて超かっこいい声で「見守られ」と言い直すコムちゃん。場内大爆笑でした。
しかもこの間ずっと真顔ですからね。普通笑っちゃうでしょ!?コムちゃん絶対に面白い人!!

コムちゃんは私にとって歴代のタカラジェンヌの中で一番お顔が好きなジェンヌさんなのです。強いて言えばもっと高画質で見たかったー!

霧矢大夢ディナーショー「Grand Dreamer」('12年)

退団前に宝塚ホテルで行われたディナーショー。
きりやんトート閣下と青樹泉さんルドルフの「闇が広がる」が、ミュージカルを見ているようで、超貴重なシーンでした!

STUDIO54も衣装を着てやってくれて嬉しかったー!

きりやん、やっぱり安定した歌声でカッコよかった。